スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リキシャ

4月19日 晴れ
日中は暑いですが、夜や早朝は26度くらい(体感)で
比較的過ごしやすいです。ですが、扇風機は必須です。

0418リキシャ

プネに限らず、インドに限らず、いろいろな国に「リキシャ」はあると思います。
三輪の簡易タクシーで、庶民の足!という感じの乗り物です。私もよく乗ります。
プネのリキシャはこんな感じです。黒い車体で、屋根のシートは黒、茶、黄…
なかにはこの屋根のシートをパッションピンクにしたり、大きく広告を入れたりと
いろいろ工夫が凝らされています。たぶんこれは運転手の趣味です。
デリーのリキシャは車体が緑色で、屋根のシートは黄色と決まっているそうです。
ちなみにムンバイはプネと同じで車体は黒です。
内装は、運転席と客がのる後部座席があるだけのシンプルなつくりで、
だいたい後部座席には大人が二人乗ってちょうどいいスペースがあります。
(ときどき明らかに人数オーバーのリキシャも見かけます。子どもだけ6人とか。)
写真のリキシャは休憩中らしく、リキシャワラが後部座席で昼寝中です。

運賃は、デリーではリキシャワラとの完全交渉制(目的地と人数と時間帯などで決まる)
なので、ぼったくられることもしばしば…それが楽しいというか面倒ですが、
プネの場合、個人リキシャと夜間を除いてすべてメーター制で運賃が決まります。
すばらしい!安心安全!

0418リキシャメーター

で、そのメーターはこんな感じ。初乗り10Rs。ぼろぼろに見えますが意外とすぐれもので、
距離でも時間でもはかれます。写真は「2.3」を示していますので12.3Rs。
ではありません。別に計算式があります。学生から教えてもらった計算式は
『メーター表示×0.7+3Rs』2010年4月現在です。なので、この式にあてはめてみると、、、
19Rsになります。「×0.7」なんて面倒な計算よくやるなーと思っていたら
みんなチャートを持っていました。そうですよね。

リキシャの運転手のことを「リキシャワラ」と呼びます。
リキシャワラもいろいろな人がいて面白い!たいては中年のおじさんです…。
この前、信号待ちをしているとき、たまたま隣にとまった女性ドライバーが車内で
タバコを吸っているのをみて「あいつ、あったまおっかしいぞ」と私に言ってきました。
そんな、私に言われても…身振り手振りで隣のお姉さんにバレてにらまれてるし(苦笑)。

ときどき若いリキシャワラもいます。20代くらい?のリキシャワラです。
リキシャは夜のほうが稼げるので若いリキシャワラには夜でくわすことが多いのですが
だいたいぼったくってくるので、はっきり言ってあまりよく思っていませんでした。
ですが、そのおかげで、昼間真面目に働いている若いリキシャワラを見ると
3割増しでいい人に見えてしまいます。日曜の午前中とかに働いていて
制服なんかもきちんと着用していたら、リキシャワラなのに好青年に見えてしまいます。

反対に、夜ぼったくってくるおじさんリキシャワラは最悪です。

↓リキシャスタンド

0418リキシャスタンド

客待ち中のリキシャワラたちが何やら楽しげにおしゃべりしている風景は
なんとも心和む風景です。


ああ!それから「リキシャ」は実は日本語なのです。
ヒンディー語のクラスで外来語を勉強したときに教えてもらいました。
「リキ」=「力」 「シャ」=「車」 おぉ!日本語~。
そう言われればそうですが、意外と気がつかないものです。
「人力車」と言えば、ピンとくるかもしれません。
この話は意外と学生にうけました。
リキシャ圏の方、ぜひ近くの人に自慢してみてください。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

グアテマラは基本「赤」で、名は「トゥクトゥク」だよ~
リキシャの方が高級そうだ~

>ねがおぷ
たしか、タイも「トゥクトゥク」だったような。
各国いろいろあるもんだね~乗ることある?
プロフィール

trdatmko

Author:trdatmko
2010年1月から二年間、青年海外協力隊の日本語教師としてインド・プネで活動中。インドでは、チャイをたくさん飲む(そして上手に淹れる)、ラクダに乗る、サリーを着る、を身近な目標に楽しくかんばります!

カテゴリー
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
検索フォーム
カレンダー

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。