スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さいけれど大きな変化

7月7日 くもり
七夕です。プネでは雨も降らず、でも、くもりでした。

先月の中旬ごろから、子どもたちの学校の夏休みが終わって
制服姿の子どもの姿をよく見かけるようになりました。
インドは「制服アリ」国です。デザインや色は学校によってちがって
男の子はズボンにシャツ、女の子はパンジャビドレスが一般的です。

普段、私はバスで活動先に通っているのですが
子どもの学校が始まってからは、バス停に子どもたちが
わーと群がっていて、超満員のバスに乗ることもしばしば。
基本的にバスに乗るのは苦ではありませんが、
子どもだらけの超満員バスに乗るのは大嫌いです。

最近、そんなプネの路線バス事情にも変化がありました。

①新しい車両が導入された(まだ20台に1台くらいの比率ですが)
 この新車両は走行中出入口のドアが閉まります。
②バス停が整備された(現在、整備中です)
 バス停がバス停らしくなり、バス停名の小さい看板が付きました。
(今まではどこがバス停なのかわからないものも多々ありました)
  
小さな変化ではありますが、使いやすくなってきている路線バス事情です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

trdatmko

Author:trdatmko
2010年1月から二年間、青年海外協力隊の日本語教師としてインド・プネで活動中。インドでは、チャイをたくさん飲む(そして上手に淹れる)、ラクダに乗る、サリーを着る、を身近な目標に楽しくかんばります!

カテゴリー
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
検索フォーム
カレンダー

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。