スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出張!

4月20日 晴れ
季節外れの雨がときどき降ります。
暑くなる前の気候の変わり目なのでしょう。
去年はこんなことなかったのにな、と思いました。

さて、タイトルの通り、先日わたくし「出張」して参りました。
4月14日、ナシックという街に行ってきました。
ナシックはマハラシュトラ州の北にあります。
ナシックからだとプネよりグジャラート州のほうが近い、そんなところです。

そこで、日本語を勉強している学生の試験(口頭試験)をしてきました。
なぜ、プネで教えているのにナシックで試験をするのか?
それはナシックで勉強していても「プネ大学」の学生だからです。

簡単に言うと、インドでは(でも?)
大学というと(university)と(college)が存在します。
たくさんの(college)は(university)と親子関係にあって、
すべての証明書は(university)が出しています。

私の活動先は(university)ですから、
たくさんの子どもたち(college)から証明書を求められます。
証明書のためには、試験があって、試験は親(university)とおなじものを
受けなければなりません。

それで、今回はナシックまで行って試験をしてきたのです。

0420.jpg

試験を受けた学生たちとリナ先生(右)

ちなみに、学生のレベルは全員初級です。
ナシックでは、ここまでのレベルまでしか勉強できません。
というか、それ以上を教えてくれるところもないし、先生もいないのです。
では、もっと日本語を勉強したい場合、どうするか。
それは、プネかムンバイに行くまたは片道5時間以上かけて通うしかありません。
そうなると、たいていの学生は一年勉強して終わりです。
日本語を活かしての就職のチャンスもない、テキストや学校も少ない、
それでも一生懸命勉強してくれた素直な学生たちに感謝です。


0420-2.jpg

学校の壁に書かれていた教訓。いろいろありました。
少しずつでも始めよう、と思える一言です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

trdatmko

Author:trdatmko
2010年1月から二年間、青年海外協力隊の日本語教師としてインド・プネで活動中。インドでは、チャイをたくさん飲む(そして上手に淹れる)、ラクダに乗る、サリーを着る、を身近な目標に楽しくかんばります!

カテゴリー
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
検索フォーム
カレンダー

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。