スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行(コーチン)

1月13日

1月4日~7日まで、コーチンを旅行しました。
といっても4日と7日はほぼ移動に費やすことになったので
実質観光できたのは二日間だけのとても短い旅行でした。

一日目
フォート・コーチン地区の観光
バスコダガマの墓がある『聖フランシスコ教会』
コーチンだけの漁法『チャイニーズフィッシングネット』
パレス『ダッチパレス』
ユダヤ教徒の居住区だった『ジュータウン』
『シナゴーグ』は受付が昼休憩のため見られず
人工島のウィリングトン島散策
エルナクラム地区も散策
エビビリヤニを食べる


ホテル近くの公園で。なかなか奇抜なキリンの滑り台です。
まわりの建物もインドらしくない感じでした。三角屋根が多かったです。

110113-1.jpg

周辺にはアートカフェというインドにいることを忘れさせてくれる
おしゃれなカフェも何軒もありました。

110113-4.jpg

聖フランシスコ教会。街中には、このほかにも大小様々な教会がありました。
本当のクリスチャンも多いみたいで、サリーを着たシスターも見かけました。

110113-13.jpg

ジュータウンのスパイス屋。
ユダヤ教徒はこの地でスパイスの貿易を任されていたんだそうです。

110113-14.jpg

チャイニーズフィッシングネットのボス。きっちりチップとられました。

110113-2.jpg

海辺は、このようにマーケットになっていました。
実際は、この魚たちがどこで獲れたものかは…ノーコメントです。

110113-11.jpg


二日目
バックウォーター(船の旅)の半日コースに参加
カタカリダンス鑑賞

いざ、船に乗りこみます。船を漕いでくれる人と
ガイドさんだけがインド人で、あとのお客さんは欧米人ばかりでした。
アジア人は、韓国人の団体に遭遇しましたが、ほかは全然でした。

110113-7.jpg

街中の喧騒とはちがって、川の水の流れる音や動物の鳴き声など
日常から超越した自然を感じさせてくれる静けさでした。

110113-16.jpg

コーチンはココナッツの島とも言われるそうで、
ココナッツは人々の生活に欠かせないものです。これもゴミではありません。

110113-18.jpg

バックウォーターで途中船を下りて社会見学。
この二人のおばさんはココナッツの繊維からロープを作っています。

110113-10.jpg

バナナの木もそこらじゅうにたくさんありました。

110113-6.jpg

カタカリダンス鑑賞①
化粧をするところから見ることが出来ます。素顔は普通のおじさんでした。

110113-20.jpg

カタカリダンス鑑賞②
右側の人が、さっきの写真のおじさんです。(美女という設定)
左側の人は、意外と若そうでした。

110113-21.jpg


最後に一枚。コーチンはケララ州です。KSRTCのロゴがかわいかったです。

110113-3.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

trdatmko

Author:trdatmko
2010年1月から二年間、青年海外協力隊の日本語教師としてインド・プネで活動中。インドでは、チャイをたくさん飲む(そして上手に淹れる)、ラクダに乗る、サリーを着る、を身近な目標に楽しくかんばります!

カテゴリー
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
検索フォーム
カレンダー

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。