スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女教師VS女学生

12月10日 くもったり晴れたり
夜、寒いです。毛布が要ります。最近、温かいスープをよく飲みます。
この前、白菜をみつけました。でも高かった…もう買いません。

さて、今日の授業での話。
例のJLPT前に二人しか来なかったクラスです。
JLPT後はみんなしれっと何事もなかったかのように授業に
来ていたのですが、一人の学生がその空気をぶち壊してくれました。

その女学生Sさんはかなり前から授業に出席していませんでした。
もちろん授業内容もわかっていません。そんな状況で
女インド人教師Hさんが質問「○○の意味は何ですか」と質問しました。

女学生S「(英語で~)」
女教師H「日本語で簡単な言葉で言い換えてください」
女学生S「できません」
女教師H「それは授業に来ないからじゃないですか」
女学生S「(マラティー語で~)」
女教師H「テキストも読んできていないんですか」
女学生S「(堂々と)はい!」

その後はマラティー語での口論が始まり、クラスの雰囲気は最悪に。
わたしも詳細はわかりませんが、
授業に欠席ばかりでも反省の様子のない学生に怒る先生と
久しぶりに出席したクラスで嫌味を言われた学生と
一歩も譲らない口論は続きました。

それにしても、こちらの人は人の話を聞きませんね。
自分の言いたいことは話を遮ってでも言う、強いです。
女教師Hが「Listen to me, first!」と何度も言っていました。
二人ともいい大人なのに…。

詳細がわからなかったので、いつも一緒に帰る学生に後から聞くと
「わからないほうがいいです」と言って教えてもらえませんでした。
女同士の口論に、男子学生たちはみんな引いていました。
もちろん私も何も言えませんでした。

今後このクラスどうなるのでしょうか…。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

trdatmko

Author:trdatmko
2010年1月から二年間、青年海外協力隊の日本語教師としてインド・プネで活動中。インドでは、チャイをたくさん飲む(そして上手に淹れる)、ラクダに乗る、サリーを着る、を身近な目標に楽しくかんばります!

カテゴリー
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
検索フォーム
カレンダー

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。