スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの子

10月3日 晴れ
ここ最近、プネでも少し暑いです。暑いと言っても35度とか
そこまで暑くはなりませんが、30度くらいある感じです。
朝と夜は涼しくていいんですけどね。

よく、デリーから人が来ると、プネは「人がいいね」と褒められます。
プネに限ったことではないと思いますが、南は人がいい、らしいです。
デリーの人は偶然目が合ってもほとんど無表情で挨拶もしないそうですが、
プネの人は何かしらのリアクションがあります。
微笑みあったり、眉毛をピクリと動かして「何?」の意味だったりします。
この、眉毛の挨拶を習得してからは、言葉要らずで大変重宝しています。

そんなこんなの今日は、何故か人によく話しかけられる日でした。
エレベータで一緒になったご近所さんに、リキシャスタンドでリキシャワラに、
バスでもチケット売りのおじさんに、顔パス?
(今日は行き先を言わなくてもチケットを売ってもらえました)
帰ってきてからも、ご近所の銀行員のマダムに話しかけられ、となかなか
話がはずむ一日でした。やっぱりマラティー語を話すとみんな喜んでくれますね。

外国にいる日本人なら誰でも一度は「中国人」といわれることがあると思います。
プネでももちろん「チーニー」と何度か言われました。
でも、最近ときどき「ジャパニーか?」と聞かれることがあります。
特に、身分の高い人たちからは「Are you Japanese?」がほとんどです。
でもなぜか、日本人と言われても喜べない自分がいます。
インド人の日本のイメージってどうなんでしょうか。
反対に、日本人のインドのイメージってどうなんでしょうか。

今日、話しかけてくれた人たちはみんな私のことを「ジャパニー」と
思って接してきたのでしょうか。それとも「あの子」と思って接してきたので
しょうか。私は「あの子」として見てもらえていたなら嬉しいです。
名前はまだ知らなくても、いつもくる「あの子」だったら
「ジャパニー」以上の存在価値があると思います。
顔を見たら自然と笑顔になれる、そんな「あの子」になりたい。

1003-1.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

trdatmko

Author:trdatmko
2010年1月から二年間、青年海外協力隊の日本語教師としてインド・プネで活動中。インドでは、チャイをたくさん飲む(そして上手に淹れる)、ラクダに乗る、サリーを着る、を身近な目標に楽しくかんばります!

カテゴリー
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
検索フォーム
カレンダー

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。