スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様を品定め中

9月23日 晴れ
ここのところ、雨が少ないです。今日も昨日も降りませんでした。
モンスーンはもう終わったのかもしれません。知りません。

さて、もうだいぶ前のような気がしますが
今年は9月1〜11日まで(これはヒンドゥーの暦によって毎年かわる)
ガネーシャ様のお祭り『ガンパティー祭り』でした。

一般家庭では、お祭り初日に、家に飾る用のガネーシャの像を
それぞれのお寺でお清めのようなこと(プジャ)をしてから
家に迎え入れます。それから、10日間はお供え物をしたり
線香のようなお香(メインバッティ)を絶やさず焚いたりします。

それで、10日間は友だちの家や親戚の家に挨拶まわりにいき
それぞれのガネーシャの像や飾りを褒め合います。

10日すぎると、ガネーシャ様は神の世界へ帰っていくので
海に沈めたり(ムンバイ)、川に流したり(プネ)します。
最近は、この伝統に河川汚染の問題がついてまわるようになり
水をバケツに汲んで、そこに浸けてよしとする家庭も増えているそうです。

一般家庭といっても、その年に不幸があった家や
分家、夫に先だたれてしまった家、来年ここで迎える確信がない家などは
ガネーシャの像を家に置くことはできません。
いろいろな決まりがあるのです。

ガネーシャ祭りの前日まで、街中にテントを張りだし
神様が売られていきます。
選ぶポイントは、インド人いわく「目」だそうです。
いい目をしているガネーシャ様を買うそうな。

0923.jpg

もちろん、じっくり吟味します。

0923-2.jpg


スポンサーサイト
プロフィール

trdatmko

Author:trdatmko
2010年1月から二年間、青年海外協力隊の日本語教師としてインド・プネで活動中。インドでは、チャイをたくさん飲む(そして上手に淹れる)、ラクダに乗る、サリーを着る、を身近な目標に楽しくかんばります!

カテゴリー
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
検索フォーム
カレンダー

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。