スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CWG前のデリー

9月30日 晴れ

今週は月曜日から木曜日まで首都デリーにいました。
目的はインドにいる協力隊の機関誌を作るためのミーティングと
国際交流基金ニューデリー日本文化センターの訪問でした。

まずデリーに着いて思ったのが、暑い!都会!!!ということでした。
首都なので当たり前と言えばそうなのかもしれませんが、
やっぱりデリーは都会です。日本の東京みたいです。
なぜそう思うのかというと、1月の首都研修のときと比べて
道も整備されて、メトロも開通して、オートリキシャもメーターつけて、
物乞いとか、路上生活者が格段に減ったので、それまでのデリーの印象から
かなり変わりました。洗練されたとういか、
ここはヨーロッパかと思うほどでした。コンノートプレイスからの風景↓

0930-2.jpg

0930-1.jpg

今まではメトロの工事のため、工事用のつい立てがあって
よろしくない外観でしたが、それもスッキリ取り払われてとってもきれいでした。
交通が変わったというのは着いてすぐわかりました。
バスも新しくて、電光掲示板があってドアもきちんと閉まるバスばかりでした。
メトロのおかげか、慢性的な渋滞も緩和されていたように感じました。
(プネより全然いいぞ、と思うことが多かったです)

仕事は無事に終わって、余った時間に買い物に出かけました。
行き先は、グルガオン。メトロでグルガオンまで行けるようになったと聞き
事前のリサーチなしで、とりあえず行けばなんとかなるかという考え。
それが甘かった…駅に着いても特に目ぼしい建物はなく、うろうろする羽目に。
とりあえず大きめのショッピングモールへ行こうと若いおねえさんに聞き込み調査、
なんとか教えてもらったモールに到着しました。トールブリッジと聞きました。

0930-3.jpg

こんな立派なショッピングモールでした。
買い物三昧、、、の予定でしたが、おのぼりさんの私と同期のKさんは
その都会ぶりに圧倒されるばかりで、私は何も買えませんでした。
でも、周りのインド人達はバンバン買い物してバンバンお金を使っていました。
インド人のお金持ちの人はお金の使い方が大胆です。

急速にいろんなところが変わっていくデリー、その理由はいろいろあるでしょうが
一つの理由にコモンウェルスゲームの開催があります。
コモンウェルスゲーム専用の車線があったりメトロで空港まで行けるようになったり
(9月30日現在では空港と市内を結ぶラインはまだ開通していませんでしたが)
政府もたくさんのお金を注ぎこんで、コモンウェルスゲームを後押ししています。
そんなCWG、10月3日から始まります。


スポンサーサイト
プロフィール

Author:trdatmko
2010年1月から二年間、青年海外協力隊の日本語教師としてインド・プネで活動中。インドでは、チャイをたくさん飲む(そして上手に淹れる)、ラクダに乗る、サリーを着る、を身近な目標に楽しくかんばります!

カテゴリー
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
検索フォーム
カレンダー

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。