スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとマジメなお話

12月12日 晴れ
いい天気で気持ちの良い一日でした。

今日は、浜松国際交流協会が主催する
日本語ボランティアセミナーに行ってまいりました。
私の元職場は浜松市です。浜松には在住外国人が大勢います。
そこで『新たな視点から日本語教育を考える』というセミナーがあり、
いち日本語教育関係者として、話だけでも聞いてきました。

浜松という土地柄、日系人の労働者が多く
生活のために日本語を身に付けたいというニーズが高まる一方
お金を払ってまで日本語を勉強する余裕のないというジレンマを抱えている人が
本当に多くいることに気付かされました。
さらに、ボランティアであれ、教師であれ、日本語教育に携わる人々に対する
制度的な面からの支援が早急な課題だということもよくわかりました。

セミナーには、日本語教育学会の会長の先生もいらっしゃって
さまざまな立場からの意見交換がなされて有意義な時間になりました。
先生いわく、日本語ボランティアが成功するかどうかは「日本人が変れるか」
ということにかかっているのだそうです。

今日一日で、頭の中は一気に日本語教育に染められました。
明日もセミナーはあります。明日はラウンドテーブルもあります。
より突っ込んだ内容を話せるチャンスです。
知恵熱が出そうな感じですが、いろいろな先生からお話を聞いて
『新たな視点から日本語教育を考える』一日にしたいと思います。


スポンサーサイト
プロフィール

trdatmko

Author:trdatmko
2010年1月から二年間、青年海外協力隊の日本語教師としてインド・プネで活動中。インドでは、チャイをたくさん飲む(そして上手に淹れる)、ラクダに乗る、サリーを着る、を身近な目標に楽しくかんばります!

カテゴリー
メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ翻訳
powered by 電脳PC生活
powered by Silver Windows
検索フォーム
カレンダー

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。